生活保護 葬儀 川崎 - 東京・川崎の生活保護・福祉葬儀に関するブログ

株式会社大江戸セレモニー
業界最安値の[シンプル葬儀]
2019年01月23日 [生活保護 葬儀 川崎]
生活保護を受給している方が、自己負担なく行えるのが生活保護葬儀です。
管轄する自治体から葬祭扶助制度により、葬儀費用が支給されます。
この制度を利用するには、申請資格を満たしている必要があり、葬儀を行う前に申請しなければいけません。
申請資格があるのは、葬儀を執り行う喪主自身が生活保護を受給していて、生活に困窮している場合と、生活保護受給者が亡くなり、親族以外が葬儀の手配を行う場合です。
例えば夫婦で生活保護を受給していてどちらかがなくなった時、身寄りのない生活保護受給者が亡くなり、血縁関係のない友人が葬儀の準備をする時などです。
申請する場合は、役所の福祉係や、民生委員やケースワーカーなどに相談して、死亡が確認できる書類を用意します。
葬儀は葬儀社に依頼することになり、その際には葬祭扶助を利用することを必ず伝えてください。
葬祭扶助が支給されるまで、葬儀費用を立て替えてもらうことも可能です。
お通夜と告別式は行われず、火葬と納骨のみとなります。
基本的には、福祉事務所から直接葬儀社へ葬儀代が支払われ、葬儀は1日で終わるのが一般的です。
あくまでも生活保護葬儀は、必要最低限で行わる葬儀ですので、葬儀社側も事務的に作業を進めることが多く見られますが、福祉葬儀であっても真心を込めたサービスを提供してくれる葬儀社もありますので、葬儀社選びも慎重に行う必要があります。

妻と同じ葬儀社さんに自分の葬儀も


妻には生活保護を受給させた上に、私よりも先に逝かせてしまい申し訳ない気持ちしかなく、葬儀費用もなくどうやって見送ればいいか途方に暮れていましたが、生活保護葬儀できちんとした葬儀社さんに良くしてもらえて、きっと妻も成仏できたと思います。
私の時も妻と同じ葬儀社さんにお願いしたと思っているので、その時がきたらよろしくお願いします。

2018年12月19日 [生活保護 葬儀 川崎]
病気などにより自力では生きて行けなくなるなど、いろいろな事情で基本的な生活費を賄うことができない場合に支給されるのが生活保護ですが、近頃では生活保護の不正受給の話題をニュースなどで耳にする機会が多くなりました。
生活保護を受給するにはかなり高いハードルがあり、よっぽどの事情がなければ使えない制度ですが、それでも生活保護受給者は増えていて、それを管理する職員が不足していることも、不正受給を許してしまっている大きな要因となっています。
もちろん生活保護受給者のほとんどは、正規に手続きをしてこの制度を利用しているわけですが、今後ずっと生活保護で暮らしていかなければいけない場合に、気になることの1つに死んだあとの葬儀費用がどうなるかという疑問があります。
実は生活保護を受けている家族が亡くなった場合には、役所を通して受けられる補助制度が用意されています。
生活していくために必要最低限のお金を補助してもらえるのが生活保護の基本ルールで、その中には亡くなった際に葬儀費用を補助してもらえる葬祭補助と呼ばれる保護制度があります。
金額はおおよそ20万円程度で、生活保護葬儀ではお通夜や葬儀はできなくて、火葬式で故人が見送られることになります。

川崎から妻の生活保護葬儀をお願いして


川崎からの依頼でしたが、他社よりも生活保護葬儀のサポートもサービスにも優れていると聞いて、今回お世話になることにしました。
ふがいない私のせいで、妻にはかなり迷惑をかけてしまい、最後は生活保護まで受給させてしまい申し訳ない気持ちで一杯でしたが、きめ細かいサービスを提供してもらえて、きっと妻も天国で少しは喜んでくれていると思います。
私の時も是非ここに葬儀をしてもらいたいと思いますので、その時もどうぞよろしくお願いします。

2018年11月22日 [生活保護 葬儀 川崎]
母子家庭で大学まで出してもらえて、母には本当に感謝していてようやく親孝行ができると思っていましたが、大学を卒業して3年間社会人として働いた後で、私に病気が見つかってしまい、また母に迷惑をかけることになってしまいました。
母は自分が体調を崩すまで私の面倒を必死でみてくれましたが、無理が祟ってその後母まで病気になってしまって、二人で生活保護をもらうしか方法がなくなりました。
その後何とか家でできる範囲でわずかな収入を得られるようになりましたが、生活保護から抜け出すことはできなくて、先日親孝行ができないまま母が亡くなってしまいました。
私には母の葬式を挙げてやる力もなくて、どうしていいか分かりませんでしたが、この場合は生活保護葬という形で葬儀ができて、葬儀費用も立て替えてもらえて、さらに他の葬儀社ではしてもらえないサービスまでしてくれて、きっと母も喜んでくれたと思います。
亡くなる前に、母は私と最後に一緒にいれて幸せだったと言ってくれて、それを励みに早く自立できることを目標に、今後は頑張って生きていきます。

生活保護葬という形で見送ることができることが分かり


私が不甲斐ないばかりに、人に騙されてしまい父から引き継いだ会社を潰してしまいました。
心労から妻が身体を壊してしまい、私も借金を返すために朝から晩まで力仕事をしていましたが、無理が祟って私も倒れてしまい、最終的には自己破産をして生活保護をもらう生活になりました。
何とか再起しようと思っていましたが、最愛の妻が先日亡くなってしまい、最後は葬式も挙げてやることもできないと悔やみましたが、この場合は生活保護葬という形で見送ることができることが分かり、葬儀社のスタッフさんたちからは優しい言葉を掛けてもらえて、どうもありがとうございました。

PageTop

大江戸セレモニーご相談・お問合せは…042-452-5748