福祉葬儀 東京 - 東京・川崎の生活保護・福祉葬儀に関するブログ

株式会社大江戸セレモニー
業界最安値の[シンプル葬儀]
2019年01月23日 [福祉葬儀 東京]
生活保護を受けるにはそれなりの理由があります。
家族や親族に補助を受けられなくて、病気などいろいろな事情で仕方なく生活保護を受給していて、特に持病がある方は自分の死について考えさせられることになるでしょう。
生活保護を受けている方が亡くなって、喪主が葬儀費用を捻出できない場合は、管轄している市町村区からその費用の扶助を受けることができます。
葬祭扶助を受けて、それによって行われる葬儀のことを福祉葬儀と呼びます。
地域によって支給額は異なりますが、その基準は201,000円以内とされていて、亡くなった方に遺留金がある場合は、その分を差し引いて支払われます。
福祉葬儀で支給されるのは、医師が死亡を確認し、死因などを判断する検案と呼ばれる費用、遺体を運ぶのにかかる搬送費用、火葬または埋葬費用、納骨費用の4つだけです。
したがって、福祉葬儀はあくまでも最低限の葬儀であり、一般的に火葬式で執り行われます。
自分の周りには生活保護をもらっている人がいないので、福祉葬儀を知らない方も多いと思いますが、生活保護受給者はどんどん増加していて、それと並行して葬祭扶助を受ける人も確実に増えていき、その費用が私たちの税金から出ていっていることを考えれば、他人事ではなく、もっと多くの方が福祉葬儀の在り方を考えなければいけないのかもしれません。

はじめて生活保護葬義を目にして


病気になって仕事を辞めるしかなくなり、面倒をみてもらっていた妻に先立たれて生活保護に頼るしかなくなりました。
すると周りに人もいなくなり、唯一同じアパートに住んで生活保護を受給している2組のご夫婦が仲良くしてくれていました。
先日その中の1人が亡くなり生活保護葬儀を挙げてもらいましたが、思っていたよりもちゃんとしていたので安心できました。

2018年12月19日 [福祉葬儀 東京]
近年生活保護の方が増えている中、福祉葬儀の需要は増えてきています。社会福祉課紹介の葬儀社では、最低限の葬儀になります。しかし大切な家族のために、少しでも良い葬儀をしたいという方にはこちらの業者がおススメです。
葬祭扶助の適用範囲に収めるかたちで、髭剃りや簡易メイクなど、他社では行っていないことの多いサービスを受けることも可能です。お別れの花もたくさん用意してくれるため、きっと満足のいく葬儀を行うことができます。
手続きも代行で行ってくれるため、自身で葬儀を執り行うことが難しい方も、安心して依頼をすることができます。
福祉葬儀は生活保護を受けていない方でも、葬儀代の捻出が難しい場合に適用されることがありますので、金銭的な理由から大切な家族の葬儀にお悩みの方は、一度こちらの業者へ相談をしてみてはいかがでしょうか。

東京で福祉葬儀を行うことのできる業者はどこ


近年葬儀の表都合により、低価格で行うことのできる葬儀プランを選ぶ方が多いです。そのなかでも福祉葬儀を希望する方は増えています。
福祉葬儀は、生活保護を受けている方など金銭医的に葬儀を行うことができない方が使える制度です。葬祭扶助の範囲で行う葬儀になりますので、実質の負担金が0円となっており、費用の心配をすることなく行うことができます。
こちらの業者はとくに市が紹介する葬儀社では行われないことが多い内容も、範囲内プランに含まれているためおススメです。遺体の安置も2泊3日まで無料で行ってくれるため、自宅で安置が難しい方にも助かるプラン内容となっています。
生活保護の親族が亡くなり葬儀を考えてはいるけど、紹介された業者の内容では満足ができない方やはじめての葬儀で戸惑いを感じている方は、一度相談をしてみてはいかがでしょうか。


2018年11月22日 [福祉葬儀 東京]
息子には私が不甲斐ないばかりに迷惑ばかりかけていて、結局酷いことをして別々に暮らすことになりました。
それから一度も息子とは会っていませんでしたが、体調を崩して働くことができなくなり、生活保護を受給するのに、役所の人から息子のことを聞かれて、今どこにいるのか分からないことを伝えましたが、先日息子の所在が分かり連絡を入れてもらえることになりました。
しかし、息子にも私の面倒をみる余裕がないことが分かり、すでに離婚していたので一人で生活保護をもらいながら生きていく覚悟をしましたが、自分が死んだ時のことを考えると、また息子に迷惑をかけることになるかもしれないと思い、役所の人に聞いてみると、もしも息子さんが葬儀を行う場合は葬祭扶助は出ませんが、福祉葬儀というものがあることを知って安心しました。
お陰様で病院に無料で通えるようになって、今のところは体調も良くなりましたが、自分なりにその後も福祉葬儀について調べてみると、東京には福祉葬儀を専門にしている葬儀社もあることが分かり安心感が増しました。

福祉葬儀で父の葬儀を行う選択肢もありましたが


生活保護を受給させていた父の葬儀は、福祉葬儀でやるという選択肢もありましたが、やはり無理をしてでもこれまで迷惑をかけた分最後は自分で父の葬儀を挙げてやりたくて、こちらの予算内で相談に乗ってもらえて、この度は本当にありがとうございました。
火葬式という選択肢もありましたが、それなら福祉葬儀と変わらないので、せめて告別式はしたいことを伝えると、いろいろ融通を利かせてくれて、こちらの事情も察してくれて、かなりご迷惑をかけたと思いますが、とても立派な葬儀を挙げられて心より感謝申し上げます。

PageTop

大江戸セレモニーご相談・お問合せは…042-452-5748